腎臓に腫瘍ができていた

スポンサーリンク

腹部エコーで腎臓に腫瘍があるとわかり、造影剤を使ったCTをしてきました。

結論から言うと、

結果は、良性でした!

腫瘍があると言われてから、結果がわかるまでは心配で色々なことを考えてしまいました。

忘れたくない気持ちもあるので、記録として書いておきます。

健康診断で貧血〜病院受診

腎臓の話の前に…

8月に健康診断を受けた健康診断で「貧血」を指摘され病院へ。

長男を出産してから、貧血と言われて薬(フェロミア)を飲んだりしたけど、お腹が張るのがしんどくてやめて〜ズルズル今まで。いよいよ数値が低くなってきたので病院へ。

今回行った病院では、「薬が苦手なら点滴ありますよ!」とのことで点滴してもらいました!


今まで薬飲んでしんどくなったり、病院行こかな面倒くさいなと思ってた日々は何やってんやー!

先生が少し高くなるけど〜とおっしゃってたので、いくらかなぁと思ったら、


初診料・血液検査・点滴で8,400円でした。


少々割高やけど、病院に行く手間と薬飲む手間、その後しんどくなることを考えたら安い!

点滴後、便秘になるかもとのことでしたが、特に大丈夫で体調が悪くなることもなく快適でした♩

生理が終わらない

快適快適と思っていたら、次の問題が勃発。

生理が終わらない。更年期かな?

生理が始まって、1週間はおりものシートでもいけるくらいの量。その後普通に始まったなと思ったら、次は普通の日用のナプキンをトイレに行くたびに替えないといけないくらいの量が1ヶ月続きました。

病院受診

貧血の経過観察で病院へ。

生理が終わらないことを伝えると、婦人科の方でも見てもらって下さいとのこと。

今まで内臓エコーしたことありますか?と聞かれてので、ないです!と答えると一度見ておきましょうとのことでエコーしてもらいました。

すると!

片方の腎臓に小さい腫瘍が💦

「小さすぎてエコーではわからないので、CTができる病院で造影剤を使った撮影をしてきて下さい」

とのこと。

「がんとかでなければいいんですけどねぇ」

と、先生。

ええええーーー。めっちゃ心配。。。

家の近所の大きい病院に聞いてもらったら、半月ほど待たないといけないとのこと。

気になってそんなに待てない…。早く検査したいので他の病院当たってもらえますか?とお願いし、1週間後に予約しました。

いよいよ検査当日

造影剤の検査をするために

  • 3時間前から絶食(飲み物はOK)
  • 2時間前から蓄尿(トイレに行かずにガマンして尿をためる)
  • 造影剤の副作用回避のため、水分はとる。

膀胱に尿が溜まっていた方が、きれいに画像が撮れるそうです。

トイレ行けないのに、水分は取って下さいというなんとも過酷な試練😩

検査結果もしかり、トイレ2時間我慢できるか問題の方も心配。

結局、1時間前くらいから少しずつトイレに行きたいと思い始め、いよいよ検査の時間に。

検査開始!

部屋に入っていざ!と思ったら、まず検査着に着替え。

そして、先生から造影剤の副作用についての説明。◯万人に1人の割合で死んでしまう恐れ。←こわい。

といっても、もう検査服に着替えていざってとこやのに、ここまで来てやりませんの選択はないよ〜ってことで承諾のサイン。

続いて、点滴の用意。看護婦さんが腕に針を刺して生理食塩水を入れる。

「途中、ここから造影剤を入れますね〜」とのこと。

「造影剤を入れたら、腕→喉→下半身の順番でじわ〜っと温かくなりますよ〜。よく患者さんが、あれ?漏らしちゃった?みたいな感覚になるって言われるんですが、漏れてないので気にしないで下さい〜」

とのこと。

針を刺した状態でCT検査室へ。

針をつけていない方の腕に血圧計をつける。

両手を上に上げて、仰向けに寝る。

「手が冷たいですね〜、緊張してますか?」と看護婦さん。

「し、してます!」

まずは、造影剤を入れずに撮影。

次に造影剤投入。

話の通り、体に入った途端、手→喉→下半身の順に次々温かく、カーっとなる。そして一瞬漏らしたような感覚に!これ蓄尿してる身には、なんともドキドキ(笑)

すぐ(2、3分ほど?)に温かい感覚はなくなりました。

その後、◯分後、◯分後と3回に分けて撮影。

その合間に技師の方と看護婦さんが様子を見にきてくれて、

「大丈夫ですよ〜!順調に進んでますからね〜」と声をかけて手を握ってくれる。

ありがたい。手が温かい。

こういう時の看護士さんの手ってほんとに安心する。

過去にも、長男を出産後、呼吸が止まることがあると長男はNICUに連れていかれ1人泣いていた時に手を握って背中をさすってもらった時の温かった手。

胃カメラを睡眠薬なしでして、すごく辛かった時に握ってもらった手と、背中をさすってもらった手。あの手がなかったら頑張れなかった!

看護士さんの手って、ほんとにすごいしありがたい。

と、話はそれましたがそんなこんなで無事終了。

検査結果をドキドキして待ちました。

次の日、連絡が来て

腎血管筋脂肪腫と言われるもので、良性腫瘍ですがごく稀に悪性になる場合もあります。半年〜1年毎にエコー検査にてフォローさせていただくのがいいかと考えます。

とのことでした。

とりあえずひと安心。

もう、自分がいなくなったらとか色々頭の中が巡ってたので、よかった!

さいごに

自分が病気になったり、それでどうかなることなんて怖くはないけど、夫や子どもを残していくかもということにすごく恐怖を感じ、結果が出るまでしんみりしてしまいました。

改めて、健康診断の大切さを実感!

これからも、毎日きちんと受けよう。





 


最後まで読んでいただき
ありがとうございます( ・ᴗ・ )!




愛用品、おすすめ品はこちらに集めています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました