びじゅチューン!の本が届いた♪

スポンサーリンク

8/4発売の『びじゅチューン!DVD BOOK 6』が届きました。

びじゅチューン!、長男をはじめ、家族で大好きです。

びじゅチューン!のおかげで、うちの家族は、美術が大好きになりました。

びじゅチューン!って?

びじゅチューン!とは、NHKのEテレで放送されている番組です。

びじゅチューン!
井上涼さんの「びじゅつへのユニークな目のつけどころ」から、ポップな絵、奇想天外な歌詞、忘れられないメロディーが次々に生まれます。オリジナルの曲とアニメは、あなたのココロをわしづかみ。きっとあなたも「びじゅつ」のとりこに。

世界中の美術作品をを、1分半ほどのユニークな歌とアニメーションで紹介する番組で、堅苦しい説明がなく、とてもわかりやすいです。

井上涼さんが作詞・作曲・歌・アニメーションの全てを担当されています。

一度聞くと耳に残って、思わず口ずさんでしまいます♪

難しい絵の名前や、画家の名前も歌に合わせて、子どもも知らぬ間に覚えています。

びじゅチューン!の曲は100曲以上あるので、子どもたちは100個の美術作品の名前と作者を知っているんだなと思うと、スゴい!!って思います。

おかげで、うちの子どもたちは美術だけにとどまらず、歴史にも興味を持つようになりました。ほんと、びじゅチューン!さまさまです♡

好きになったきっかけ

子どもが読んでいた、幼児雑誌の付録についてたDVDにびじゅチューン!の作品が収録されていました。

収録されていた曲は、「武蔵の遅刻理由」という歌でした。

歌川国芳の浮世絵「宮本武蔵の鯨退治」がモデルになっていて、巌流島での武蔵と小次郎の決闘に遅れたといわれる武蔵の遅刻理由は、巨大な鯨のワンピースを縫っていたのでは???という、井上涼さんのとんでもない(←いい意味でです♡)発想にいつも心奪われます♡

長男のびじゅチューン愛

びじゅチューンの新曲が出るたび、インスタやTwitterをチェックし、モデルとなった美術作品を分厚い美術の本から探し当て、これやー!!といって、いつも楽しみにしています。

学校のランドセルに、教科書は忘れても、美術の本だけは忘れずに入れて行く長男です(笑)

長男の愛読書はこれです。

ガムテープで、補強していてボロボロです(笑)

まぁでも、ここまで読み込んでくれたなら、買ったかいがあったなと納得できます(笑)

おかげで、美術の知識なんて全くだった私も美術が大好きになり、息子の本を借りて読んでいます。

もともと、歴史が好きだったので、歴史×美術で通ずるところがたくさんあり、楽しくてしかたありません。

私たち家族に、新しい風を吹き込んでくれたびじゅチューン!に、感謝感謝です♡





 


最後まで読んでいただき
ありがとうございます( ・ᴗ・ )!




愛用品、おすすめ品はこちらに集めています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました